2007年11月23日

ち〜むてすと


本日はチームテスト。
アジリティに出るのに、必要なテスト。
いわゆる服従訓練。

AセクションとBセクションに分かれていて、
それぞれ服従性と社会化能力を見るもの。

服従性といっても、
きちんとした規定があってその要項を覚えて、
(号令・歩数・タイミング・完成度)
その犬の様子をジャッジが見て減点方式での採点。


Bセクションは普通の状態で、犬がどんな様子かを見るもの。
知らない人が触っても大丈夫か?とか、
飼い主がいない状態の様子とか。


全国で、1200頭の受験があったと話を聞きました。
それをもって、TT合格犬の受容範囲を広げていくことを
日本に求めるんだそう。


「TT受かってる」を常識へ。
むしろ、TT合格犬を作ったオーナーを増やす。


ま、それは大きなことだけれど、
服従性能を犬に入れると言うのはとても大変な事だし、
その努力をしているペアをチームと呼ぶ、
ペアと呼ぶにふさわしいから、チームと呼ばれる、
そういう認識を持つのにはとても意味のある一日でした。



内容は、予想に反して心配していた事はほぼ満点に近い出来で、
いつもできることが怪しくなって大きな減点になってしまったという、
なんだか分からない感じだったのだけれど。
独特の雰囲気があって、もあも変な感じだったんでしょね〜
結果は50点満点中42点。
合格ラインが35点。
見事、合格♪


真剣に服従をやりだして、
先生についてレッスンしたのが
10回くらいしか無かったことを踏まえても、
素晴らしい結果だったと思う。
特に間近の追い上げは目を見張るものがあって、
たたみかけるかのように、もあに要求してきた事が、
しっかりと伝わっていたのがよく分かったTTでした。
あの子の愛情と、思いやりの深さが私の心に沁みてきて、
いままで感じた事のないくらい可愛いと思えた一日でした。


今は神経が疲れたのか、(私の緊張が移ったからカナ・・・)
もうずっと眠っています。



しかし、本当にはっきり言って、
受験できないレベルの人が、恥ずかしくもなくTT受けてるのが
理解できなくて見ていてすこしいらいらしました。
要項も読まない。
犬を見ない。
何をしていいのか理解していない。
そんな状態でのテストに犬達がかわいそうに思えて切なかった。

リーダーがきちんと理解していれば、犬はもっとよくなったのに。
そう感じたペアが沢山いました。
前日追い込みじゃないけれど、
要項を教え込んで望めば犬もスムーズに動かせたのにって。
実のところを言うと、もあは段取りを覚えていた節があるんだな。
そのことでも助けられた。
テスト前一週間は、規定の練習しかしてなかったし(爆)
それでも受かればよいと思って・・・



午前中はかなりテストの雰囲気が強かったらしいけれど、
午後はお遊戯会みたいでした。
それだけが残念です。
もう少しよいペアが組みなら
もあも不安にならずにすんだ場面があったのでなおさら残念でした。

でも、それもこれも全部含めてち〜むてすと。
どんな状況におかれても、立派にやり遂げられることが目標。
そのことを痛感したのが本日の収穫です。




課題の脚側。
先生にも褒めてもらったよ。
もあちゃん。
本当にありがとう。
一生懸命なあなたが大好きです。


瑠奈ちゃん。
お留守番ありがとう。
寒いと思っておいていったけど、
車は結構あったかかったわ。
もあちゃんがひと段落したら、
絆を深めるためにもおねいちゃんと
服従やってみようね。
まずは瑠奈ちゃんの嬉しい事から探さないとね。


気づかれしたので、眠ります。

お手伝いをしてくださっていた皆様。
もあちゃんを褒めてくださって、ありがとうございました。


なによりも。
Y先生。
TT2を受けます!!なんて無謀なことを言って、
困らせたうえにこまめな生徒でないのに、
根気良く教えてくれてありがとうございました。
今日は、先生の名誉のために頑張りました。
合格して真底ほっとしています。

「だからいったじゃないっすか(-_-メ)」

とガッカリさせたくなかったのですよ・・・ふふふ。



次はアジリティの競技会だ。
楽しんで頑張ろう♪

ニックネーム mai-luna at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | MOREの出産日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

初アジ

昨日は神戸まで行って、
初めてのアジリティーでした。
っても、練習会のようなやつで、
本番までの前哨戦というかんじ。


なによりも、私の場慣れを目的にしてたので、
もうそれは緊張(爆)
会場についてから、「まいまい口数少ないで」とか言われて・・・
だって、今日のコンペの一番の一番なんだもんと
どきどきどきどきしてました。
とうちゃんは私に
「だぁいじょうぶやって、みんなみんな、会場みんな見てるから」
と励ましてくれました。ちぇ☆


逃げも隠れもできないから、
もう、それはやるしかない!




リンクに入ればそれなりだったし、
もあも逃亡したりしなかったので良かったし、
初めてにしてはかなり頑張ってくれたのではないかと思います。



だれか写真を撮ってくれるやろうという考えもあって、
(本当はお店に忘れてきた)
画像は無いけれど、ビデオを先に貸してくれたので、
帰ってからまいまい母とビデオ大会。


初めて見るアジリティに感激してましたね。
犬ってすごいね〜って。
もあちゃんをだっこして、褒め褒めしてくれました。



お友達のご主人には、
「健気でなきそうになるな・・・」と言ってもらったし、
そのヒトコトが彼女の一日を物語っていました。


本当に健気。



帰りの道々反省会になるかと思ったけれど、
気持ちはムフムフで、ほかほかでした。
ありがとうね。



もちろんハンドリングの課題も、
障害攻略の課題も沢山もって帰ってきたので、
これからも練習頑張りたいなと思います。


あそこでもっと、呼べばよかったぜ。とか、
あっちじゃなくて、こっちだったぜ。とか、
コマンドのタイミングが遅かったぜ。とか、


ふふふふふ。


たぶん、これからもっと、関係を深めていけば、
お互いにもっと楽しめるのじゃないかと思います。
走るを楽しいにしてあげたいです。


さぁ、チームテストだぜ。

ニックネーム mai-luna at 15:24| Comment(2) | TrackBack(0) | MOREの出産日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする